幾千の夜も軽やかに越えて〜SOMNIUM.JP〜

アクセスカウンタ

zoom RSS リラクゼーションとの出会い。

<<   作成日時 : 2015/10/03 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のエントリで書いたように、
私の心理療法への関心は、職業人生スタートと一緒なのですが
リラクゼーションについては去年の事となります。

地元の看護大学と地方の大学の計4校が合同で「リラクゼーション看護講座」という事業が開催され、これを受講したのがきっかけでした。

これまでリラクゼーションというと、アロマを焚きながら音楽を聴いたりとか、ゆったりとしたソファーで読書とか、あるいは温泉でゆっくり・・・
といったイメージしか持っていませんでした。

講座は、
心身相関や自律神経生理学などの基礎理論を学び、
呼吸法や筋弛緩法、自律訓練法といった技法を習得し、
患者や対象者に指導していくという内容でした。
何度か挫折しそうになりましたが、なんとか修了することができました。

これまで、心理療法におもむきを置いていました。
心のトラブルを整理することで、対象者はイキイキと暮らせるようになる、と思って研修や実践に取り組んでいたわけです。
心理士やカウンセラーなら、それでOKでしょう。

でも私は看護師でした。患者の中には心理的な苦痛のみ方もいらっしゃるでしょうが、痛みや苦しみあるいは掻痒といった身体的苦痛をも抱えている方が大半です。
心だけでなく、身体の苦痛もふくめて、患者・対象者がかかえるすべての苦痛に対応していくのが、看護師の役割です。

リラクゼーション技法は、身体に働きかけることで、
心も軽やかになること意図した技法です。
疾患による疼痛のある患者にリラクゼーション技法を導入して痛みが軽減した事例が
報告されています。

「リラクゼーション看護講座」を受講することで、
身体に働きかける手段を広げられたと思っています。

心と体はつながっている-大学時代にあんなに学んできたこのなのに、いつの間にかわすれていたんですね。


まとめ
こころと体、人間の全部(すいません、某企業のCMコピーのパクリ)
という気づき。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リラクゼーションとの出会い。 幾千の夜も軽やかに越えて〜SOMNIUM.JP〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる